結婚指輪へのこだわり

結婚指輪に関しての情報

トップ / 結婚指輪に関しての情報

結婚指輪に込められた意味

昔から、指輪には誓約の証といった意味があります。また、継ぎ目のない形から、永遠を感じさせ、夫婦の幸せが末永く続くようにと願い、結婚指輪の交換をするのです。そして、左手の薬指に指輪をはめるのは、左手の薬指は心臓に繋がっていると信じられているからなのです。指輪の素材で多く選ばれているのが、ダイヤモンドです。ダイヤモンドは、素材の硬さから夫婦の絆の固さ、無色透明な色から、純粋をイメージさせます。結婚指輪には、夫婦の証といったことだけでなく、形、素材等一つ一つに、夫婦の幸せを願う意味が込められているのです。

結婚指輪で知っておきたいこと

チャペル式や人前式などで結婚式を挙げる場合、結婚指輪の交換行うカップルがほとんどです。その由来は古代ローマ時代からきていると言われていますが、永遠の愛を誓う大切な儀式です。費用の相場はペアで20~30万円となっていますが、女性の指輪の方が値段がやや高くなる傾向があるようです。気になる購入時期ですが、刻印を依頼したり、サイズ直しが必要になる場合は出来上がるまでに1か月程度かかってしまう場合もあります。やはり一生に一度の結婚指輪ですから、後悔のないように少なくとも2、3か月前位ら準備を始めておきましょう。

結婚を決めるきっかけ情報

© Copyright 結婚を意識するきっかけは. All rights reserved.