婚約指輪の宝石って

婚約指輪のダイヤモンド

トップ / 婚約指輪のダイヤモンド

婚約指輪のダイヤモンドについて

ヨーロッパには、婚約指輪の宝石には女性の誕生石をあしらうと、その女性に幸運が訪れる、という言い伝えがあることから、サファイアやエメラルドなどの誕生石が選ばれる場合も多いのですが、日本では、やはりダイヤモンドが圧倒的に人気が高い婚約指輪の宝石です。そのダイヤモンドを選ぶ際に基準となるのが「4C」と呼ばれるグレード評価の方法です。4Cとは、それぞれカラット、カラー、クラリティー、カットを意味しており、各項目のグレードが高いほど、そのダイヤモンドは美しく価値の高いものである、という事になっています。

結婚指輪は、誓いの指輪

結婚式で誓いのあと結婚指輪の交換をするのは一般的なことです。指輪は、多少大きめのサイズにしておくことをお勧めします。夕方以降の結婚式だと、多少指が浮腫んでしまう方がいるためです。結婚式は行わなくても指輪のみを用意される方もいます。沢山のブランドや、良いデザインが指輪にもあります。お値段も様々用意されています。そのためお二人の予算や好みに合う指輪がきっとみつかるはずです。結婚指輪をしていれば、一目で結婚していることが初対面の方にもわかります。

結婚を決めるきっかけ情報

© Copyright 結婚を意識するきっかけは. All rights reserved.